スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けました

明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします!


さて、年末のことを少々。

12月30日はguava jelly風魔新宿の合同「忘年ライド&BBQ」があったので参加してきました。
今回はダイキちゃんのいる修善寺で開催。 みなさん楽しそうにMTBに乗られていましたが、自分は肉を食いすぎてダウン。 いい歳して腹が裂けそうになるまで飯食うな!  ・・・って話ですよね(笑)
R0011314.jpg



話は変って、忘年イベントに行く途中で久しぶりにヒッチハイカーの少年を拾いました。
東京インターの入り口で「静岡」って書かれた紙を持って立っていた彼。 聞けばH大学の野宿同好会のメンバーだそうで、京都の実家まで帰るとのこと。 行き先が遠い場合は手頃な距離の都市名を書いて立つのはヒッチハイカーの常識。
R0011309.jpg



かくいう私も若い頃はかなりやりました。 国内はもちろんのこと海外でも。 殴り合いになったインド、何故かハンドルを握らされたカナダ、その親切に胸がいっぱいになったネパール・・・。 まぶたを閉じると様々な思い出が熱く蘇る。 とにかく世界中で「優しさ」をいっぱい貰った。

運転をするようになって、少しでも恩返しをしようと機会があれば必ず乗せるようにしてます。
しかし、こんなご時世からか最近は少ない。 ほとんど見かけません。 ガキは「時間はあるけど、金ないのが当たり前」なんだから、もっとヒッチすりゃいんだよ! って思うのは自分だけか!?
悪い奴もいるかも知れないけど、世の中イイ奴もいっぱいいるぞ!


懐かしい写真を紹介。 13年前くらい?
北米大陸をMTBで縦断していた自分は、冬の間Goldenて言う小さなカナダの田舎町に住んでいた。
ある日、急にむしょうにオーロラが見たくなってヒッチハイクを開始。 北極圏の近くにあるEagle Plains
まで行った。 帰り、どうしても車がつかまらなくて一部バスを使ったけど、たしか5000kmくらいヒッチで移動したっけ。 -25度で6時間車を待ったり、-35度の中テントで寝たりとかなり楽しんだ覚えがある。
そんなんで見たから、現地の人に言わせれば「ただのオーロラ」も自分にとっては心が震える記憶となった。
また見に行きたいな!  こんどは楽してね(笑)
c1.jpg

c2.jpg

c3.jpg


久しぶりに昔の写真見たら面白いのがいっぱいあるな。 こんなんに興味ある人がいれば、またそのうち紹介しようかな。


<< Camp&Ride | ホーム | Mike Hopkins >>


コメント

新田次郎のアラスカ物語を思い出します!!
死ぬまでに一度見たいな骸骨の舞踏。字余り(笑)

>heckler manさん
もしかしてハルカ!?
よく知っていますね。 あれは素晴しい描写ですよね。
ネイティブの一部やイヌイットの中には、いまだにオーロラは死者の魂がダンスしていると信じている人もいます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。