スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度整理

「アウトドア義援隊」関連の募集情報など、二転三転したことがございますので再度整理しました。

まず始めに情報が錯綜してしまいましたことをお詫びいたします。
自分が東京にいなかったために、義援隊本部と意思の疎通にタイムラグが生じたことは事実です。

皆様から送って頂きました支援物資は既に発送してあります。 ご協力感謝いたします!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ボランティアを考えている方
現在、アウトドア義援隊の仙台現地本部は一時閉鎖しております。
活動を中止ではありません。 現地の対策本部で準備が整いましたら活動再開いたします。
未曾有の大震災の復旧には膨大な時間がかかることが簡単に予想されます。
必ず、マンパワーが必要になってきます。
ボランティアを考えていた方は、現地支援に迷惑をかけず全て自己完結できる準備をし、下記フォームに登録して活動再開に備えて下さい。

申し込みフォーム☆☆☆


【連絡先】
   NPO法人 日本エコツーリズムセンター
   活動内容などは、こちらのページをご覧ください>> (申し込みフォームから登録が可能になっています)
   メール:rq@ecotourism-center.jp

  【現地本部】3月16日(水)現在、一時閉鎖しております。
  〒980-0811 宮城県仙台市青葉区1番町2-1-2
  モンベル仙台店内 アウトドア義援隊現地本部


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

救援物資を送ろうと考えている方
石川県の義援隊本部は引き続き支援物資を集めています。

テント、寝袋、ガスストーブ(アウトドア用のガス缶やバーナー)、食品(生ものは除きます)、その他
*中古衣料・使用済みの生活用品は受け付けておりません。


お手数ではございますがQ&Aをご確認いただき、振り分け用紙に内容物の記入をして支援物資の振り分けにご協力下さい。
Q&A☆☆☆
物資送付用シート☆☆☆

【送り先】
  〒925-0003
  石川県羽咋市寺家町361-2 モンベル内 アウトドア義援隊
  電話:0767-22-6292 宅急便送付用の電話番号です。こちらへのお問い合わせはお控えください

モンベルストアの店頭持込も受け付けております


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

募金を考えている方
下記までお振り込みいただくか、モンベルストア店頭までご持参ください。

  【振込先口座】
  三菱東京UFJ 信濃橋支店 普3963129
  アウトドアギエンタイ ダイヒョウ タツノイサム


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

MTB提供のお願い
ある程度ライフラインが復旧してからの話になりますが、被災地の移動や物資運搬にMTBが役立つことが予想されます。 高級な自転車でなくてかまいません、倉庫などで眠っている、使えるレベルのMTBを持っていらっしゃる方がいらっしゃいましたらWanpaku Productionにご連絡下さい。。
*リアキャリアが付くリジットバイクの提供がありがたいです

 

【連絡先】
〒140-0015 品川区西大井5-14-4
Wanpaku Production 間宮邦彦
tel090-1708-8974


友人が過去に被災地でMTBで活動した様子になります☆☆☆


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



今後は石川県の義援隊本部を仙台に近い山形県に移して活動していく予定です。
また進展がございましたらブログにて発表させて頂きます。
よろしくお願いいたします。



 

<< 物資送付先の変更 | ホーム | 避難装備の話 >>


コメント

バブルの時、俺は小学生で日本のピンチとか言われても分からなかった。大人になった今もピンと来ない。社会人になった時、比較の対象がなかった。最悪の不景気と言われも頂点を知らない。
でもこのピンチは分かる。現実に大切な人を失った人がいて、亡くなった人もいて、住む場所を失った人もいる。それがどんなダメージか、容易に想像がつく。
かつて俺が走った東北の国々、そこに住む優しかった人たちが傷付いている。あの時は北海道一周の為の通過点でしかなかったけど、見知らぬ人にポカリをもらった、キューリの漬物をもらった、晩飯をご馳走してくれた人、一晩泊めてくれた人もいる。
北国の厳しい自然に生きる人たちは、だから人に優しい。
太宰治、宮沢賢治、石川啄木。他人への優しい眼差しで貫かれる作家は東北出身が多いと思う。
Mamikenさん、この度の活動とその呼び掛けを尊敬します。微力ながら俺も衣類を送りました。美しい山河とそこに住む人たちの安息のために、できることは限られてるけど、戦う意思を放棄したくない。俺も頑張ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。