スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KONIG

まずはコニグに乗ってみました。
 
  いたってオーソドックスに組みました。 特に軽いパーツはつけてません。 簡単に紹介すると

・フレーム CORSAIR・KONIG レギュラーサイズ
・フロントサス ロックショックス・パイク 140mm
・リアサス マルゾッキ・ロコR 130mm
・ハブ シマノ・セイント
・リム NS BIKES・ファンダメンタル
・ハンドル NS BIKES・テラバー
・ステム NS BIKES・クオークプロステム
・ヘッドパーツ オリジナル(FSA製)
・クランク シマノ・SLX
・チェーンガイド MRP・G2mini
・ペダル NS BIKES・エアリアルプロ
・シートピラー SDG・Iビーム
・シート SDG・パトリオット
・ブレーキ シマノ・デオーレXT
・シフター シマノ・デオーレLX
・リアディレーラー シマノ・SLX
・スプロケ シマノXT 11-34T
・フロントギア Eサーティーン 36T
・ローター シマノ・前7インチ 後ろ6インチ
・タイヤ ケンダ・カルマDTC 2.2
・チューブ タイオガ?
・グリップ オクタンワン・ロックオングリップ

上記のパーツでレギュラーサイズのフレームで組んで15.18kg
決して激軽ではないけどパーツを選べば1kgぐらいは簡単にダイエットできそう。
今年はコレでトレールガイドもします。 自分的には十分に許容範囲!

P6050263.jpg


ハンドルまわり。 初めて31.8mmのオーバーサイズのハンドルにしてみた。 幅は700mmにカット
ヘッドパーツはコースエアのオリジナル。 ヘッドアングルは標準で67・5度(フロントサスの長さが530mmの時)
別売で+1度、もしくは-1度のヘッドセットあり
P6050240.jpg


グリップはオクタンワンのロックオングリップ。 カラフルで安い!
P6050241.jpg


チェーンリングは36tがギリギリ。 これ以上はつきません。  BB幅は73mm。 フレームに台座があるけど写真に写っているMRP・G2miniを装着するのにチェーンガイドを削って加工しました。 自信のない人はプロショップに取り付けしてもらうことをお勧めします!
P6050243.jpg


パッと見はシンプルな直押しのシングルピボットタイプ。 ところが良く見るとBBまわりは非常によく造りこまれている。 小さな2つのリンクが隠れている。 これはVPP系などの仮想ピボットではなく、メインピボットを2点止めにして剛性を高めるのが狙い。 メーカー的にはフォーバーシングルピボットと名付けている。 360ドロップのランディングをミスしても壊れないような設計らしい。
ストロークすると後輪は若干後方に伸びる。 Gがかかってフロントサスが縮んだときにリアが伸びてホイールベースを一定に保つ。
ピボットの固定ボルトの頭はギザギザになっている。 ボルトを締めたあとに小さなボルトを入れることによって衝撃などでもメインピボットがゆるむことはない。 実に優秀な作り! 
P6050249.jpg


ユニットはマルゾッキのロコR。 ユニット長(EYE to EYE)190.5mm ストローク長50.8mm レバー比2.5:1
P6050245.jpg

NS BIKES・エアリアルプロペダル。 メチャクチャ薄くて調子良過ぎ!
P6050248.jpg


シートクランプにはオリジナルロゴが入っている
P6050253.jpg


ヘッドバッチはリベット止め
P6050255.jpg

ヘッドキャップも当然ロゴ入り
P6050257.jpg


リアは135mm×12mmスルーマクスル  あまり一般的ではないが一回乗ればその良さがはっきりわかる。 ちょいサスなのにそのへんのDHバイクと同じくらいの剛性がある!  別売りで通常のドロップエンドとトラックエンドがあるが、設計者の狙い通りに12mmスルーで乗るのをお勧めする!
P6050258.jpg

リムはNS BIKESのファンダメンタルをチョイス。 剛性と重さ、値段のバランスの取れた素晴しいリム
P6050260.jpg


メインパイプは角型のパイプ。 塗装もハンパなく綺麗だ
P6050261.jpg


先日やっと医者に許可をもらい5ヶ月ぶりにダートを走行してきた。 富士見のCコースをのんびりと2本。 もちろんKONIGに乗るのも初めて。 セッティングもまだ完璧に出ていない状態でのインプレ。 ガシガシと乗れるようになるまでは、あくまでも軽い参考程度に。 悪しからず 

KONIGはトップ長がだけが違うレギュラーとロングの2サイズがラインナップされている。 チビスケの私は当然レギュラーサイズ。 カタログ上ではトップは570mmになっている。 40mmのステムをつけてみたのだがかなり小さい。
スロープスタイル用なんでホイールベースが短く、リアセンターは419mmしかない。 おかげでタイトコーナーはギュンギュン曲がって面白い。 コギ味もまるでリジットバイクのようにぐいぐいと前に進む。

特筆すべきはその剛性。 ヘビー級のダウンヒルバイクと比べてもまったく劣ってない。 BBまわりがよれる感覚は一切無い。 剛性が高くてリアセンターが短いので後輪を滑らせて遊ぶのが実に楽しい。 フロントもたいして力を入れないでも簡単に上がる。 初めて乗ったのに終始ニヤついてしまった。

基本はスロープスタイル用だが、富士見のBやCコースでヤンチャしたい人にはお勧めのバイク。 はっきり言って初心者が乗るにはスパルタンなバイクだと思う。 昔DHレースをやっていたけど「今は完全に遊び」な人がバイクに新しい刺激を求めるなら間違いのない1台!

 ただし「フルサスでビッグジャンプを飛ぶために買う!」って人以外はロングのフレームを買うことを個人的にお勧めします。 身長160cmしかない私がレギュラーサイズで丁度良い感じ。 富士見パノラマ専用にするならロングでも良いかも  ・・・って思えるくらいのサイズです。
 
 

<< DUCAT | ホーム | なんて読むんだ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。