スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUCAT

 続いてダカットです
 
  まずは全体。 前後輪の色が違うのは見なかったことにして下さい(笑)
P6050267.jpg


ジャンプバイクなのでスタンドオーバーハイトはかなり低い。 コニグ同様に角パイプで構成されています
P6050268.jpg


チェーンリングは34Tがギリギリ。 フレームを購入するとMRP・G2 miniが付属。 しかしコレも多少削って加工しないと付きません! 自信ない人はプロショップに取り付けてもらいましょう
P6050269.jpg


ヘッドまわりはコニグと一緒。 FSA製のオリジナルヘッドセット。 標準で69度(フォーク長491mmのとき)、別売りのヘッドセットに交換すると68か70度にすることができる
P6050270.jpg


ヘッドまわりの溶接はこんな感じ
P6050271.jpg


シートクランプまわりの処理
P6050272.jpg


BB幅は73mm。 2.2インチのケンダ・カルマを履いて写真くらいのクリアランス。 MAXは2.35くらいかな・・・
P6050278.jpg


リアは135mm×12mmスルーマクスル。 コニグと同じエンドです。 オプションでドロップ&トラックエンドあり
P6050281.jpg

 
 このバイクはまだ富士見の駐車場をグルグルしただけ。 なのでまだたいしたことは言えません。 
初めて手にした時の感想は「やばい、すごい綺麗」の一言。 コニグもそうですがコースエアのフレームはなんと12工程もかけて塗装されています。 まるで車です。 間違いなく所有欲も満たせます。
しかもダカットはヘッドパーツとMRP・G2 miniがついて¥84,000です。 安い! 

 私の乗るレギュラーサイズでトップ548mm、チェーンステー405mm。 コニグと比べるとこっちのが大きい雰囲気。 早くガンガン飛べるようになって再レポートしたいと思います。

<< 夏だね | ホーム | KONIG >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。